バスト 大きさ

バストの大きさは何で決まるの?

女性にとってバストは人それぞれなので、巨乳の人もいれば貧乳で悩んでいる人もいます。
また姉妹でも胸の大きさが全然違ったりもしますし、バストって何で大きさが決まるのでしょうか・・??
遺伝?と思う方も多いのですが、姉妹や親子でもバストの大きさは違うのです。
バストの中身をよく知って、仕組みを理解し、努力により必ずバストは大きくなります。

 

そもそも、女性のバスト=乳房の大きさは胸の中にある乳腺の数により違ってきます。
この乳腺の量は遺伝も多少は関係ありますが、生活習慣などにもより数は減ったり増えたりするとも言われております。
乳腺とは乳房の上からは確認しにくいですが、乳輪の廻りのぐりぐりとした少ししこりのある部分のことです。
この乳腺が女性ホルモンにより刺激を受け、バスト内の細胞が増殖して胸の成長へと繋がります

 

バストアップと女性ホルモンは深い関係にあり、女性ホルモンの分泌量により胸の大きさも違ってきます。
女性ホルモンは思春期の10代からさかんに分泌されます。
このバストの成長期10代に女性ホルモンの分泌が多いとバスト内に乳腺が発達し、バストに脂肪がつきやすく大きくなります。

 

しかし、このバストの成長時期に過激な運動をして過量のエネルギーの消費があると女性ホルモンの分泌を減らしてしまうのです。
また過大なストレスが原因でホルモン分泌が減少し、胸も成長しなくなるのです。
貧乳の原因はこの成長期の過激な運動やストレスによるものだともいえるでしょう
ストレスは成人してからも、バストの成長に関係あります

 

ストレスで体が精神的ダメージを受けると、脳の視床下部が働かなくなり、女性ホルモンも分泌しにくくなります。
バストを大きくしたいと思っている女性は、まずストレスをためないことが第一の条件なのです。
現代社会においてストレスをためないことは難しいですが、自分なりの発散方法を見つけることが大事です。
ストレスはためないで、人に話を聞いてもらったり、休みの日は思いっきりリフレッシュしましょう。
そして栄養たっぷりの食事と睡眠を8時間はとるようにしましょう。

 

生活習慣を変えるだけでもバストアップへとつながるのです。

バストの大きさは日々のちょっとしたことの積み重ね?!

バストの大きさには個人差がありますが、結局何できまるのか??

気になりますよね。
一番の原因は生活習慣にあるのです。
遺伝だと親のせいにしてませんか?? バストの大きさは遺伝ではありません。 生活習慣を見直すことで、今後のバストに影響してくるのです。 生活習慣でも重要なのが、食生活です。 不規則な食生活で偏った食事やコンビニ生活、ダイエットなどで食事量を減らしたりすると、バストに大きな影響を与えます。
バストの成長に必要なタンパク質やビタミンが足りなくなると、バストに栄養もいかなくなり成長をとめてしまいます。 またバストに必要な脂肪分も少なくなると胸が小さくなる傾向があります。
ダイエットによる脂肪分のカットはバストの脂肪までとってしまうので、サイズダウンしてしまいます。 バストアップの基本は1日3食きっちりたべましょう。 また、炭水化物や脂質、ビタミン豊富な栄養バランスの整った食事をとるようにしましょう。 そして、次に大事なのが睡眠です。 バストは寝ている間に一番成長するのです。
睡眠不足が続くと、胸が成長するためのエストロゲンの分泌が弱まり、胸は成長しません。 バストアップのためにも睡眠はたっぷりとるようにしましょう。 リズムを整えるために毎日決まった時間に起きて寝ることが大切です。
また、バストの成長をとめるものは、喫煙になります。 現代では女性てもタバコを吸っている人は多いですが、バストアップにはよくありません。 タバコに存在するニコチンが女性ホルモンの分泌を悪くしてしまうのです。 女性ホルモンの分泌が悪くなると、バストも成長しません。 またタバコを吸うと、血液循環も悪くなり、新しい細胞を生成する動きも弱まります。 バストが成長しないだけではなく、美しい張りのあるバストにはなれません。
ストレスもバストアップには大敵ですので、そのストレスを、和らげるために喫煙する女性も多いのが現状です。 タバコが日常的な習慣になっている人が、辞めるとストレスがたまり、バストアップには逆効果ですが、なるべく本数を減らす努力をしましょう。 日常生活を見直すだけで、バストアップ効果も大きく変わってくるのです。